8月31日(水)

8月も今日で最後となりました。

日差しはきついですが涼しい風があり、秋の気配を感じます。

本日より9月4日の日曜まで常設展を開催しております。

ご高覧頂ければ幸いです。

作家リストは「gallery」に掲載しております。

 

 


8月27日(土)

初日にはユーミンさんのメンバー、25日、26日にはアトリエコーナスのメンバーが来廊されました。それぞれの作品の展示を観ていただき、盛り上がってくれました。

2Fカフェでも大盛り上がり。

第2弾の展覧会も計画中です。

 

 


8月17日(水)

「見つめる、描く、生きる」展、2週目です。

竹田一平さんの作品を紹介します。

古代の動物の骨、鳥類、昆虫等を鉛筆と色鉛筆を使って描いています。

お知り合いの話では、蛹から育てた昆虫を野に放ち、「がんばって!」と声をかけるやさしい青年とのこと。

生きものへの愛情が絵の中に溢れています。

 


8月14日(日)

田中啓之さんの作品です。

鉛筆と色鉛筆による野菜や草花のスケッチは、丁寧に簡潔に

描かれていますが、とても瑞々しく生命感に溢れています。

部分への眼差しの強さが絵の魅力につながっています。

 

 

 

 

 


8月13日(土)

吉川真美さんの、タイトル「童話Ⅰ」の作品です。

どんな物語なのでしょうか。想像力をかきたてられます。

木炭、インク、鉛筆で描かれたモノトーンの画面ですが、大胆な画面構成と黒のトーンの豊かさに、吉川さんのセンスの良さが

感じ取れます。

 

 


8月12日(金)

中村和毅さんの作品です。

ゲームのキャラクター「ムシキング」がタイトルですが、絶妙の配色と画面構成、ちりばめられた色のタッチ、スクラッチのよる豊かなテクスチャーは抽象画としてみても魅力に溢れています。

 

 

 


8月11日(木)

作品をご紹介します。

独特のタッチで楽譜モチーフの作品を描く西岡弘治さん。

楽譜を数秒間凝視して画面に向かわれます。

西岡さんの絵は、通常の楽譜以上に音楽のリズムを感じさせてくれます。

 

 


8月10日(水)

本日より、ギャラリーのオープン時間を13時から14時と致しました。

早い時間にギャラリーを訪問されるお客様には大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

閉廊は、従来通り20時でございます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 


8月10日(水)

今日から8月28日まで「見つめる・描く・生きる」展を3週間

開催します。

アトリエコーナスに所属する西岡弘治さん・中村和毅さん・

吉川真美さんと地域活動支援センター遊夢音(ユーミン)

で活動する竹田一平さん・田中啓之さんの作品を展示

しております。

是非ご覧ください。

 


8月7日(日)

昨日は激しい夕立があり、ちょっと涼むことができました。

今日も暑くなりそうです。

本日、版画展の最終日となりました。

ギャラリーは作品搬出のため、17時までですので、よろしくお願い致します。

右は、岡村絵里さんの作品です。

 

 

 


8月4日(木)

8月に入りました。

今週日曜日で「Print Exhibition 2016」が終了します。

毎日暑いですが、お運びいただけたら、うれしいです。

 

 来週8月10日より、1Fのギャラリーも14時オープンとなります

ので、どうぞよろしくお願いいたします。