9月28日(木)

穴瀬生司さんの作品です。

文字、数字、絵をびっしり描いた上から、水性マーカーを緻密に重ね塗りされています。

深みと光を感じさせてくれる抽象絵画です。

 

 

 


9月27日(水)

本日より10月15日(日)まで「文字と絵」展を開催します。

「文字と絵」というキーワードでどういう作品を思い浮かべますか。

文字を丁寧に書き込む事により、一枚の抽象的絵画となった作品、心に刻まれたシーンと言葉を描いた絵日記的な作品、文字を形として絵画の一部とした作品・・・・様々な作品を展示しております。

 


9月13日(水)

本日より「Print Exhibition 2017」がスタートします。若手からベテラン作家まで、多様な版種・表現方法による版画作品を展示しております。

繊細な作品、静謐な雰囲気の作品、ポップな作品等、幅広い作風を楽しんでいただけます。

 

 

 


9月8日(金)

最後は平田由紀子さんです。

ご覧の通り、とてもナチュラルな和みのコーナーです。平田さんは動物が大好きで、おさるさん、にゃんこさん、そして今はすずめちゃんが被写体です。動物と同じ目線で、愛情いっぱいで見つめておられるのが写真から伺えます。

手芸作品も展示販売されています。

 

 


9月7日(木)

中由美子さんの「切り絵ファンタジア」のコーナーです。

切り絵アートをなさる市原さんとのフュージョンアートです。中さんのお気に入りの写真に市原さんの切り絵を添えて展示されています。

繊細な切り絵と情緒的な写真画像の組み合わせがメルヘンテイックな世界を作り上げています。

 

 


9月6日(水)

妹尾憲和さんの太陽のコーナーです。

太陽信仰をされている妹尾さん。キャンピングカー、セノオ号に乗って、日の出、日の入りの美しい太陽を追いかけて旅に出られます。日の出が見えるところに車を止めて、夜に一杯やりながら朝日を待って、その一瞬を撮影。まさに男のロマンです。

 

 


9月5日(火)

角谷美智子さんのコーナーです。

角谷さんはマジックとバルーンアートでボランテイア活動に忙しい日々を過ごされております。その合間に好きな写真撮影も楽しまれています。

3日にギャラリーのコーナーでマジックショーを披露してくださいました。拍手喝采!

 

 


9月2日(土)

古賀博美さんのテーマは「私のふるさと」です。

古賀さんは九州佐賀県のご出身です。

小さな大町町の風景、かわいいムツゴロウ、そして

暖かいお母様の笑顔・・・古賀さんが、ふるさとを愛おしく懐かしく思う気持ちが伝わってきます。

 

 


9月1日(金)

上野正純さんのコーナーです。

上野さんは17年ほど前からカヤックに興味を持ち、多くの潮に出艇されてきました。自然に癒されながら、カヤックから見た美しい風景を撮り続けておられます。

写真の上にはカヤックのパドルと、ライフジャケットも展示されています。

 


8月31日(木)

岩室典雄さんの作品です。

岩室さんは、画像ソフトに頼ることなく、シャッターを切るその瞬間に撮影技術(露光間ズーム、流し撮り等)を活用して撮った作品を展示されております。

スピード感と臨場感に溢れています。

 

 


8月30日(水)

本日よりわくわく7人衆写真展を開催しております。

「これが写真展?」をテーマに、写真に込められた思いや、撮影のための特殊な秘密兵器?!も展示されています。

また、作家さんの写真以外の素敵な趣味も披露されております。どうぞお楽しみに!

 

 


8月16日(水)

本日より27日まで、CROQUIS展 7人7踊 を開催します。

クロッキーは一般的に速写による素描、スケッチの事を言います。素早く捉える素描は軽妙で大胆な面白みがあります。

7人の作家それぞれの表現をご覧いただき、クロッキーの魅力を感じ取っていただければと思います。