7月31日(日)

今日で7月も終わり。今回の展覧会の最後の作家さんを紹介します。藤本清子さんの作品です。メゾチントの深みのある、それでいて柔らかい黒の世界に、星のような光の大群が幻想的に浮かび上る・・・小宇宙を感じます。 


7月30日(土)

平尾絵美さんのコラージュ紙版画の作品です。

モノトーンの作品ですが、懐かしい形状が幼いころの記憶を刺激し、昔見たモノやその色調までが蘇り、ほのぼのとした気持ちにしてくれます。

 


7月29日(金)

川北さんの植物をモチーフにした作品です。

此処、かの、近し・・・・タイトルはとても文学的な香りがします。エッチング(アクアチント)の柔らかい濃淡と、シルクスクリーンの強い色調が、画面に心理的奥行きや透明感を感じさせてくれます。 


7月28日(木)

岡村絵里さんは、タイトルが「All・Fall・Will」の3点を展示されています。

コラグラフのよる版表現で、Willは版自体の展示で版の強い材質感が魅力です。従来の概念に囚われない独創的な作品作りをしておられます。


7月27日(水)

本日より、「Print Exhibition 2016」Ⅱ期を開催します。

多様な版種・表現手法の版画を楽しんでいただけたらと思います。

本日から8月7日(日)まで、岡村絵理さん、川北博子・平尾絵美さん、藤本清子さんの作品を展示しております。


7月21日(木)

昨日は、キラキラと、本当に美しいお月さまでしたね。

田村真鈴さん、戸島篤志さん、中村啓子さん、松谷博子さん

の展覧会は今週の24日(日曜)17時までです。

暑い日続きますが、立ち寄っていただければ幸いです。


7月17日(日)

松谷博子さんの油性木版画です。

鳥の羽、穂、森の光・・・・松谷さんの木版の繊細な彫り目から、様々な形態が浮かび上がります。題名「Wondering」の通り、観る者の好奇心をくすぐり、気高さすら感じさせてくれる作品です。


7月16日(土)

中村啓子さんの、凹凸併用モノタイプ、プレス機による版画作品です。どこかに懐かしさを感じる形状と風景。現代のメルヘンの世界に紛れ込んだような、ほのぼのとした気持ちにさせてくれる作品です。


7月15日(金)

戸島篤志さんの作品です。

謎の文字や記号や形状等、ケミカルなモチーフは実験室のようで、怪しくもファンタジックな世界観を感じさせてくれる作品です。


7月14日(木)

作品をご紹介していきます。

五十音順で、トップは田村真鈴さんです。多種の版画技法と手描き着色による組み作品です。主にあやとりの糸と手で構成されており、瑞々しい命の息吹が感じられます。


7月13日(水)

本日より、「Print Exhibition 2016」を開催します。

若手からベテラン作家まで、多様な版種・表現手法による版画

作品をⅠ期・Ⅱ期に分けて展示致します。

版画の魅力を堪能頂ければと思います。

本日から24日まで、田村真鈴さん、戸島篤志さん、中村啓子

さん、松谷博子さんの作品を展示しております。

 


7月7日(木)

今日も、暑い一日です。鳳駅から来られる方には、商店街の道をお勧めします。アーケードがあり、涼しげです。

 右は、林正己氏の、木片を緻密に並べたレリーフ状の素敵な

作品です。現在展示中です。