ギャラリーは無料でご覧いただけます。是非、お気に入りの作品を見つけてください。

                作家さんのご希望で販売している作品もございます。

 

 


開催中の展覧会

 

  KONANS  現代アート展  2019             2019年3月13日(水)~3月31日(日)

                                                                          15:00~22:00 

                     最終日は17:00まで 月・火休廊

 

 

港南高校、港南造形高校は大阪府立の造形系専門高校です。美術や工芸、デザインの分野で活動している卒業生も多く、本年も特に現代アートの分野で作品を制作している作家による展示を行います。既存の概念にとらわれない自由で多様な表現は時に鑑賞者を驚かせたり、楽しませたり、悩ませたりもします。

9人のKONANSが放つ様々な刺激を感じ取っていただければ幸いです。

 

<出品作家> 一色智登世・江口友可里・岡田葭子・甲斐沙伽那・角倉起美

       東郷好美・中村明子・林真衣 もりたいよしこ   (五十音順)

 

       もりたいよしこ在廊日パフォーマンスあり  3月23日・27日・30日・31日

 

 




次回の展覧会

 

  ABSTRACT ART NOWー抽象の力ー      2019年4月3日(水)~4月14日(日)

                     15:00~22:00 月・火休廊

                     最終日7:00まで

 

抽象画が前衛美術と同義語であった時代から一世紀以上の年月が過ぎ去り、抽象画という言葉の賞味期限はもはや切れてしまったように思える。見える世界やその再現からの解放、知覚を飛び越えて直接精神に働きかける力、色彩や形態や素材(物質)の完全なる自律、世界に開かれた窓から世界そのものへ・・・今、抽象という言葉を改めて再考し、その力を見直してみたい。

 

 <出品作家> 岡田篤彦・風間虹樹・纐纈昌代・鈴木澄子

        馬場雄基・久山茜・松田彰・吉田哲夫  (五十音順)

 

 

 


今後開催予定の展覧会

 

  小品の魅力             2019年4月17日(水)~5月5日(日)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

       Burst of Colors ゆうの家作品展  2019年5月8日(水)~5月19日(日)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

  甲斐沙伽那個展           2019年5月22日(水)~6月2日(日)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  

 

     勝手致しますが、6月3日(月)から6月18日(火)まで休廊いたします。

 

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 レリック常設展            2019年6月19日(水)~7月7日(日)

                      6月19日~6月30日まで18:00~22:00

                      7月  3日~7月  7日まで15:00~22:00

                                                                          月・火休廊

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 間崎学展               2019年7月10日(水)~7月21日(日)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


過去の展覧会

 

  TRACE(トレース)            2019年2月20日(水)~3月10日(日)

  なぞることから生まれる絵画

                       

 TRACE・・何かの跡をたどること、なぞること。私達は常に何かをなぞりながら生きているとも言えます。アートの世界においも「世界をなぞる」ことが時に創作の動機であり、原点と言ってよいかも知れません。何かをなぞることは単純な行為と思われがちですが、なぞることでなぞられたものの価値が少なからず変容するとき、そこに新たな発見の喜びが生まれるのではないでしょうか。

 

<出品者>   岡野ひろみ・角南♂・スマイルアニマル・椿﨑和生・中西瑞季

                     滑川みさ・土師清治・春成こみち・山下克彦                   (五十音順)

 

            


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

   COLLAGE(コラージュ)展       2019年1月30日(水)~2月17日(日)

   断片の出会いから変容へ           

 

COLLAGE「コラージュ」はフランス語の糊付けを意味する言葉です。貼り付けられ、結合された素材やモノは元の機能やコンテキストから切り離され、新たな「場」における出会いや融合によって、時に作家の意思や主観を超えて新たな意味が付与され、価値の変容を繰り返していくのではないでしょうか。

 

<出品者> 赤穂要二郎・岡田篤彦・会沙伽那・キタミノル・坂井奈央・佐野祥久・高田光治

      沼口正寛・長谷川千代美・久山茜 (五十音順)

 

 


 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

  岡田篤彦展ー触景ー         2019年1月9日(水)~1月27日(日

                     

 私の絵は、これまで目にしてきた世界を再現したり象徴したりするものではない。何か特別な感情や思想、物語を表現する

 ものでもない。とはいえ、自分がこれまで外界から感じ取ったすべてが何らかの形で私が描くものに関係している事も確か

 である。

  絵の中に水面、空、建物、樹木、石ころなど風景の要素となるものを見て取る人がいるが、あながち間違ってはいない。

 ただ、それらはすべて等価であり常に混然一体である。時に遠景は触ることが出来るくらい私に迫り、地面の石ころは遥か

 彼方、手に届かぬところに消えていく。遠景と近景は一瞬にして入れ替わる。主役も脇役もない。私はそのような混沌から

 何とか秩序めいたものを見出そうともがく。そうして絵は出来あがっていく。